成瀬フェリシア保育園について

施設について

 運営主体
   事業者名     学校法人 明泉学園
   事業者の所在地  東京都町田市三輪町1135
   事業者の連絡先  044-988-1125
   代表者氏名    百瀬 和男
 
 施設の概要
   種別       小規模保育園
   名称       (仮称)成瀬フェリシア保育園
   所在地      東京都町田市南成瀬5-1-12 SKビル1F
   連絡先      044-988-4074(鶴川幼稚園)
   開設年月日    2019年4月1日

 (施設概略図)
       
  
     保育園の床面積   151.03㎡  うち 保育室70.25
 
  園長 保育士 看護師 事務員
常勤 1名 6名 1名 1名
非常勤   数名    

 

 
 

 
 開所時間   月曜日から土曜日 7:30~19:00
 
 保育時間
   平日・土曜日とも
    保育標準時間  7:30~18:30
    保育短時間   8:30~16:30
     土曜日は申請制となります。保育の必要な方は申請をお願いします。
     保育標準時間のお子様の延長保育について
        18:30~19:00
        利用料 500円/30分(補食あり)
     保育短時間のお子様の延長保育について
        7:30~8:30、16:30~19:00の範囲内で希望する時間
        利用料 500円/30分 

 
   休業日  日曜日、国民の祝日、振替休日、国民の休日及び法律で特に休日と定められた日
       
 年末年始(12月29日~1月3日)
 
  利用定員  0歳児3名、 1歳児 8名、 2歳児 8名


  園名 「フェリシア」について
  別名 ルリヒナギク
 
  花言葉 = 《幸福》、《恵まれている》


http://kakuyukai.d2.r-cms.jp/files/user/201711211309_1-195x155.png



保育の理念について
 鶴川フェリシア保育園では一人一人が個人の発達段階を踏まえ、豊かな生活を送ります。
   1.豊かな感性を育み、規則正しい生活習慣を身につける。
   2.子どもの根源的探求心に基づき、様々な探究を行って豊かな生活を経験する。
   3.子ども自身の世界を広げ深める生活を保障し、様々な物や人との対話があふれる豊かな保育環境の中で生活する。
   4.保育者の深い愛情とかかわりによって信頼関係を築き、自己を十分に発揮し、健全な身体、情緒、認知の力を育む。
   5.ESD Education for Sustainable Development(持続可能な開発のための教育)の生活の中での実践


子どもたちにとって鶴川フェリシア保育園は、無条件で受け入れられ、心よき人々に支えられ、「私は何者であるか」を探求し、「私を花開かせる」長い旅立ちの第一歩であります。「フェリシア」は、ブルーデイジーの別名で、「幸福」「恵まれている」を花言葉としています。語源は「felix(恵まれている)」、花数が多いことや小さな宝石をちりばめたように見える花姿から名づけられたといわれています。
 
 
人は自分で自分の物語を描きながら生きていきます。その物語には、様々な登場人物が必要です。私が私として認識できるのは、他者の存在であり、自分を鏡のように映し出してくれるからです。そのために、私とは異なる物語を生きている人たちと共に生きていかねばなりません。
 また一人一人の子どもが物語として歩むには、「私は願いを持つ者であり、私を表現している者」として尊重されなければなりません。しかし複雑化した社会にあって、多くの場合は集団に飲み込まれ、私を発揮する間もなく他者たちの物語に組み込まれてしまいます。そして私は見失われます。ゆえに私が何者であるかを常に表現することが許される場で育たなければなりません。私が私として生きられる場でなければ育つことはできないのです。生きて感じたままを生き生きと表現し、すべてを受け止め理解しようとしてくれる人がいるところでなければなりません。
 そして表現は、他者との学び合いにも不可欠です。私を表現しながら他者の表現も受け入れて互いに学び合う場、子どもも大人も互いに尊重し合い学び合う場、それがこの保育園です。人の発達は、自分一人ではかないません、他者との関係あるいは物との関係の中で行われます。私らしさを互いに提供すること、互いに応答し合うこと、そこに学びが発生します。そのためにも表現することがいかにすべての人々にとって重要なことであるか、改めて認識されなければなりません。
 人は常に生きるために精一杯外界に働きかけています。そしてその外界からの情報に対し、五感を駆使して知覚し、想像し、思考し、言葉を与えられ、知識を構成し、身体の自由を得、何ものかを創造します。そして私という発達の主体者は環境に順応するだけでなく、環境をつくりかえて生きていきます。その営みにもまた貴重な学びが存在します。特に乳幼児期は、理想的ともいえる慈しみの空間でなければなりません。そこでの生活経験がその人の基礎となる多くの学びに直接関係するからです。
人を信じ自分を信じることができ、世の中と共に助け合いながら生きる。その大切な第一歩をフェリシアでともに生きていただきたいと思います。




一日の過ごし方 (予定)

  7:30  順次登園
       保護者との引継ぎ(おむつ交換・朝のしたく・検温)
      自由遊び

       朝の視診(健康観察)
  9:30   おやつ 
  

  10:00   活動 
       週の計画によって保育者やお友達と散歩に出かけたり、保育室で遊びます。
  
11:30  昼食
       食べることに興味をもち、食事が楽しい時間になることを主眼におきます。
  

  13:00 お昼寝
       食事が終わった子からお昼寝に誘います。

       この間、職員は交代で休憩をとります。
       目覚めた子から、排泄・着替え・検温をします。(昼の視診)
  15:00 おやつ
       自然食品の軽食や季節の果物など。
  16:00 遊び 
       子どもの様子や、午前中の保育との兼ね合いで外遊び、室内遊びをします。
       順次降園

        保護者に1日の様子をお伝えします。
  18:30~19:00 延長保育(補食あり)

 
     ※水分補給は、随時行います。

     ※おむつ交換・排泄なども、子どもの様子を見ながら誘いかけて行います。
     ※食事や排せつなどは、月齢によって差が大きい時期なので、一人一人の発達や
      様子を見て、保護者と園とで話し合って進めていきたいと思います。


連携施設
  3歳に到達後の新年度(4月)から、連携施設である鶴川幼稚園、認定こども園高ヶ坂幼稚園、
  町田南保育園に継続入園が可能です。

     ・日本語クラス、英語イマージョンクラスとも選択できます。
     ・鶴川幼稚園においても、預かり保育を含めて月~土曜日の11時間
      
(7:30~18:30)保育をおこないます。
     ・鶴川幼稚園に入園せず、別の保育所に改めて入所申請をすることも可能です。